カジノにおける採用活動の裏側!

オンラインカジノの熱狂的なブームにより、店舗型の従来のカジノの熱気も再加熱しており、多くのカジノ施設が人材不足に喘いでいるなんていう話を聞いた事があります。チームワークが主となるカジノ運営においては個々の役割やポジションなども事細かに配列出来なければ、アリの様に押し寄せる多くのお客さんを相手にする事は到底難しいです。今やどこの業界においても人材不足は嘆かれていますが、問題の解決をしない限りは先に進む事は出来ません。数あるカジノで「ここで働きたい!」と思わせる為に、カジノ運営のトップがどういった事を考えてどういった事を基準に選考から採用活動までしているのか、今日はちょっとだけ皆さんにシェアして行こうと思います!

賃上げ-誰だってより多くの報酬が欲しいはずです。求職者にとっても一番の関心事は職場の人間関係よりも自宅からのアクセスの良さよりも「お給料」が大事なのがリアルなところでは無いでしょうか?また、新しく採用するスタッフには好条件を提示しながら、古株のスタッフへのケアを忘れてはいけません。古株が抜けてしまえばとチーム全体の士気も下がり、売上にも直結してしまう可能性がある為要注意です。

 

人材の適度な配置 – 就活な時期に大変なのは求職者だけは無く、雇う側の企業も新入社員の配属を考えたりその為の下準備や会社への周知などやる事がたくさんあってとても大変なのです。一方で適切な人材を配置することは慌ただしいカジノ業界においては最も大事な事とされており、全くの業界未経験者であっても過去の経験やポテンシャルを見抜かれカジノで大活躍をするスタッフも海外ではたくさんいます。採用担当者にかかる負担は当然計り知れない物がありますが、企業作りとはそういう事なのかな、とも思ったりします。

テクノロジーの導入 – もしも今の若い人がどこかで働くとなった場合、全てがマニュアルの手作業で効率の悪い仕事を淡々とやらされるよりも、テクノロジーを駆使した環境でワクワクしながら働きたいと思う人が多いと思います。テクノロジーを導入すれば人間が見落としてしまう様な細かいミスを事前に発見する事が出来たり、何よりも作業が効率化される為、初期投資金額を除いてはメリットしかない様にも感じます。

多様化 – これからのグローバル社会を乗り越えていく為には、外国人スタッフが急務になる事でしょう。元々他民族で英語以外の多くの言語を母国語レベルで話せる人も多いアメリカやヨーロッパの国ではとても多種多様な人々が人種の枠を超えて一緒に仕事をしています。日本に今後カジノブームが来た時には、日本人利用者はもちろん、インバウンドからの利用者も多く日本に訪れる事が予測されます。そうなった時に対応出来るような人材確保もカジノ運営においては肝になってくるでしょう。

今後も盛り上がりが予想されるカジノ業界。やり甲斐のあるありそうな環境で新たなチャレンジをするのに、カジノでの就職も悪くないかも知れませんよね。この記事を読んでもし気になった方がいましたら、迷わずに履歴書を送ってみましょう!一度きりの人生、悔いの残らない様に生きたいと思う今日この頃です。